医療脱毛vsエステ脱毛 効果的かつ経済的なのはどっち?

安易に「安いから」という理由で医療脱毛ではなく脱毛エステを選択してしまう人が多いのが現状ですが、果たして本当に安いのでしょうか?

長い目で見ると、医療脱毛に通っている人の方が満足度が高いと言われています。では、なぜ、そうなのか。医療レーザー脱毛についての知識をしっかり理解していただき、自分にあった脱毛法を選んでいただければと思います。

 

根本的な解決を求めるなら医療レーザー脱毛!

acworksさんによる写真ACからの写真

医療脱毛と脱毛エステの最も大きな違いとして、「毛を減らすだけでいいのか」または「毛をなくしたいのか。」といったところがまず大きく選択肢として大事になってきます。

脱毛エステでは、毛を減らすことは可能ですが、毛をなくすことはできません。そのため、何度も何年も通い続けてしまう方が非常に多くいるのです。

それに比べ、医療レーザー脱毛は、毛をなくすことを目的としているので、何年も通いつづけるものではなく、約1年ほどでほとんどの方が満足した結果を得ることができ、脱毛に通わなくてもよくなる点がポイントです。

その理由はこれから説明していきますが、やはり照射パワーの違いが効果に大きく影響しています。医療脱毛で行える照射パワーの高い機械は、脱毛エステでは扱えないのです。そう考えると、一回の施術が安いからという理由で脱毛エステに通うのが結果的に経済的かといった部分でも疑問が残ります。

つまり、根本的な解決を求めるのであれば、医療脱毛以外に方法はないということです。

 

医療従事者が施術するクリニックで安心・安全な脱毛を

FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

脱毛エステで肌トラブルが起きたけど、アフターケアがなく、結局、病院へ行くことになってしまった。そんなトラブルをよく耳にします。

それに比べ、医療脱毛クリニックでの施術は、国家資格を持つ従事者のみが行うことができるので、しっかりとした医療知識を持った上で施術をします。どういった施術を行えば、痛みや負担を感じるのかなど、きちんと理解した担当者が行うので、安心して行うことができ、また、万が一、トラブルがあった場合も、その時の最適なケアを常駐の医師によって対応することができるので、不安なく施術に臨め、何か心配なことがあったときでもその場で相談ができて安心です。

 

脱毛エステが安価な理由

nanairo125さんによる写真ACからの写真

上述したように、医療レーザー脱毛は国家資格を持った医療従者が行っているのに対し、脱毛エステでは、資格がなくても行うことができます。また、医療脱毛で扱える照射パワーの高い機械を脱毛エステで扱うことはできません。

医療機器ではない簡易的な機械を使用しているので、なかなか効果が出ないという結果になってしまいがちです。こういったところから、脱毛エステは一回の施術費用は安く行うことができるのです。

 

結局、脱毛エステと医療脱毛どちらが効果的かつ経済的か

coji_coji_acさんによる写真ACからの写真

はっきり言いましょう。毛をなくしたいのであれば、間違いなく、「医療脱毛」です。

その理由は今までに説明してきた通りです。

脱毛エステでは、なかなか結果が得られず、何度もコースを追加したり、新たに通わなくてはいけないことになり、結局、多額の投資をしてしまいがち。一回の施術費用は安くても、先の読めないプランニングに何度もお金を使うのは経済的ではありません。

それに比べ、医療脱毛は、先の見える投資なので、一回の施術費用は高いですが、ほとんどの人が一年もしないうちに満足のいく結果を得ています。よって払い続けなくても、通い続けなくても、ツルツルな理想の肌を手に入れることができるので、結局長い目で見ると投資額は少なくて済むのです。

 

出典:https://toitoitoi.clinic/article/6358/

エステできる脱毛と同等な施術を自宅で行うことは可能なのか?

脱毛が当たり前の風潮になった今日。
どんなときでも剃り残しのムダ毛を見せられないのは女性にとってもハードルが高いものです。

脱毛をサロンで行う方も多いことでしょうが、それでも「自己処理だけで完結させる!」というこだわりを持っている方も少なくありません。

実際に月額制などでかなりリーズナブルになりつつある脱毛サロンですが、まだ料金が高いというイメージが先行していたり、自分の身体を誰かに見せることに抵抗があったりと、一歩が踏み出せない方もなかにはいるのではないでしょうか?

そこで気になるのが家庭用脱毛器。
エステできる脱毛と同等な施術を自宅で行うことは可能なのでしょうか?エステで用いている脱毛機器と家庭用脱毛機器の違いを見ていきましょう。

 

エステ脱毛vs脱毛器


出典:https://esthetime.co.jp/column/post-964/

脱毛の効果

いつでも使える利便性という点では家庭用脱毛器に分があるといえますが、脱毛の効果はやはりエステでプロが施術するほうが綺麗な仕上がりになりやすいと考えられます。

特に自分で脱毛器を照射するのが難しい背中やVIOラインは、照射ムラが起こりやすいでしょう。

そのほか、先ほど説明した毛周期も部位ごとに最適なスパンで行ってくれるため、自分で脱毛のスケジュールを立てる必要はありません。

エステでは一定期間、脱毛施術を繰り返しますが、それさえ終われば長い期間のあいだ脱毛の必要性はなくなります。

また、家庭用脱毛器を用いる場合は仕事で疲れているときはできないなど、コンスタントに脱毛ができない可能性も。

ご自身の努力によるところが大きいですが、こうした見えないデメリットも考えておくべきでしょう。

 

アフターケア

これは個人のケアにもよりますが、脱毛照射を受けた後の肌は特にダメージを受けている状態のため、専門スタッフによるアフターケアをおすすめします。

エステで用いる機器のなかには冷却機能がついたものもあり、美肌のことも考えて設計されているマシンもあります。

最新の脱毛器の中には美顔エステで使用されるフォトフェイシャルのトリートメントで全身の肌ケアを同時にできる機能を搭載しているマシンもあるので、脱毛しながら美肌ケアまでできてしまいます。

フォトフェイシャルの機能も搭載している脱毛器は、肌コラーゲンにアプローチして毛穴の引き締まったプルプル美肌を目指すことができます。

自分にあったケア方法を確立されている方であれば問題ありませんが、「自分のケアだけでは不安」という方は脱毛サロンを活用してはいかがでしょうか?

 

トラブル時の対応

やけどをはじめとする万が一のトラブル対応は、やはり医師の監修を受けた脱毛サロンに分があると考えられます。

家庭用脱毛機器を使ってトラブルが起こっても、基本的には自己責任です。

エステサロンでの脱毛ではアフターフォローが充実している場合がほとんど。もし不安な点があってもすぐに相談できるのは心強いですね。

 

エステ脱毛と脱毛器のコスパを比較

akizouさんによる写真ACからの写真

エステサロンでの脱毛施術は高いというイメージがありますが、脱毛器でも本格的なものとなると10万円近い価格となります。

ここでは、脱毛エステサロンの「エステタイム」で脱毛をおこなうのと家庭用脱毛器を購入した場合で、それぞれ想定される費用と期待できる効果をまとめてみました。

 

♥エステタイムでの脱毛

費用
月額1,500円

期間
半年(最短の場合)

効果
一度処理が完了した毛穴からは生えない

部位
全身可能

その他
冷却しながら脱毛施術ができるマシン、専門医監修で安全面にも配慮

 

♥家庭用脱毛器(K社製品)

費用
70,000円前後

期間
自分で行う頻度による

効果
抑毛効果(ムダ毛の成長を抑制して、ムダ毛を細くしたりすることでムダ毛を目立たなようにする)

部位
自分では行いにくい部位あり

その他
脱毛効果はマシンの性能や自分の技術に依存、肌トラブルの際は余計にコストがかかる場合も

以上、エステサロンと家庭用脱毛器で迷っている方は参考にしてみてください。

ムダ毛処理は50歳を過ぎると若い頃よりラクになる!?アラフィフ世代のおすすめお手入れ方法

女性の場合一般的に50歳を過ぎると体毛や頭髪、まつげは薄く細くなる傾向にあります。これは、更年期によって女性ホルモンの分泌量が低下することで、毛周期や毛の密度、範囲などに影響を及ぼすためと考えられています。

そのせいか、若い頃に比べて体毛のケアが楽になったと感じる人も多いようです。とはいえ、体毛がなくなったわけではないので、今回は部位別にオススメのお手入れ方法を紹介していきたいと思います。

 

ワキの毛を抜いたら冷やしましょう


ワキは範囲としては狭い部位です。ほとんどの人が何らかの方法で毛の処理をしてきた部位でもあるため、毛や皮膚の状態は人それぞれでしょう。「まだしっかり毛が生えてくるので、どうにかしたい」という場合は、確実な成果が期待でき、安心して受診できる医療機関によるレーザー脱毛をおすすめします。回数や期間は、もともとの毛の状況や、どこまでなくしたいかによって異なりますので、医療機関で相談してみるといいでしょう。

そんなに毛の量は多くない場合は、剃るより抜くことをおすすめします。毛抜きで抜く場合は、保冷剤などで冷やすといいでしょう。冷やすことで痛みが緩和され、抜いた後の炎症を抑えられます。ただし、毛抜きで引っ張って抜けなかった毛が途中で切れて皮膚に埋まってしまう、いわゆる“もぐり毛”にしないよう気をつけて!毛は皮膚に対して斜めに生えているので、毛の流れに反して引っ張ると切れやすくなります。毛の流れに沿って引っ張って下さい。

 

顔や口元のムダ毛には電動シェーバーがおすすめ


顔や口元は、眉毛などに使う顔剃り用の電動シェーバーがおすすめです。電動シェーバーは刃が直接皮膚に触れない設計になっているので、肌への負担が少ないやさしいケアと言えます。

剃るときは皮膚を温めて柔らかくした状態で、力を入れず、逆反りしないように毛の流れに沿って肌当てて使います。個人的には、たまには理容室に行って顔剃りしてもらうのもおすすめ。結婚式のメイクなどで体験したことがある人も多いと思いのではないでしょうか。顔のトーンが明るくなりますし、何より気持ちがいいので、エステ感覚でリラックスできます。

 

手足の毛のケアには除毛クリームで


手足のような面積の広い部位には、除毛クリームがおすすめです。除毛クリームは毛を溶かすので、次に生えてくる毛の毛先がひょろひょろと細く、剃った時のように断面が目立ったり、ちくちくすることがありません。

塗って流すだけで一気に広範囲の処理ができるので、時間と手間がかかりません。ですが、肌トラブルを防ぐために事前にパッチテストは必須。また、毛と一緒に皮膚の角層が少し溶けてしまうので、クリームで脱毛した後はしっかり洗い流して保湿することも忘れないでください。

 

カミソリで剃ると皮膚が黒ずむ!?

毛の処理でやめてほしいのが、T字などのカミソリ(刃)で剃ること。毛がスパッと斜めに切れるため、伸びた時に断面が目立ち、触り心地もチクチクします。また、毛と一緒に角質が削られてしまうので肌もボロボロに。出血と炎症を起こして色素沈着する可能性もあるなど、肌にいいことはありません。どうしても剃りたい場合は、顔剃り用の電動シェーバーを使うとよいでしょう。

また、男性の髭剃りのようにカミソリのあてすぎによる皮膚への刺激も、実は肌の黒ずみのもとになります。刺激から体を保護するために、皮膚のメラニン色素を排出する働きが活発化し、結果としてメラニンが増え、黒ずみやシミ、くすみが生じてしまうのです。カミソリで剃るだけでなく、また、ナイロンタオルでゴシゴシこするなどの刺激も、骨周りの皮膚が黒ずむ原因に。

出典:https://halmek.co.jp/beauty/c/know/1345

肌の乾燥に拍車をかけてしまう冬場、ムダ毛処理後のケアは入念に

肌が乾燥する季節になりました。冬場のむだ毛処理は、よりいっそう肌の乾燥に拍車をかける恐れがあるため、アフターケアの保湿が重要で、ほかの季節よりも入念なケアが必要となります。今回は、むだ毛処理後に取り入れたい保湿ケアの方法をご紹介します。

 

冬になるとなぜこんなに肌が乾燥するの?

冬というと、「寒い」という言葉を連想するかと思います。実はこの「寒さ」も立派な乾燥の原因なのです。冬は気温が低くなり、湿度も下がります。通常、肌に最適とされる湿度は60%~65%ですが、冬の湿度は30%~50%にまで落ち込みます。

このように、湿度が低くなって空気が乾燥することに加え、冷たい風にさらされることで、肌内部の水分が蒸発して乾燥してしまいます。

また、皮膚は外的刺激から身を守るために表面にバリアを作っていますが、寒さと乾燥がこのバリア機能を著しく低下させることもわかっています。バリア機能が低下してしまうと、保持していた水分が外に流れ皮膚を健康な状態に保つことが難しくなり、かゆみや肌荒れなどの皮膚トラブルを引き起こします。

冬によく肌が乾燥して粉を吹いてしまったり、かゆみが起こったりするのは、肌のバリア機能の低下が原因となっています。

 

むだ毛処理後に必須!保湿ケアの方法

むだ毛処理後のアフターケアはフェイシャルケアと同様で繊細です。毎日フェイシャルケアをするように、丁寧に水分を補給してから油分でフタをしてください。

  • むだ毛を処理した部分の刺激を鎮静させるため、濡れタオルで冷やします
  • 低刺激のローションをこすらず、押さえるようにつけていきます
  • 次に、ボディ用乳液やボディ用クリームなど、上から優しく保護します。このときも、こすらず押さえるようにつけていきます

保湿ケアは、しっかりと保湿するのはもちろんのこと、皮膚になるべく刺激を与えないように行うことが大切です。むだ毛処理後で非常にデリケートになっている皮膚に、ゴシゴシとすり込むようにクリームを塗ると、その摩擦で皮膚にダメージを与えてしまうので注意が必要です。
また、むだ毛の自己処理は毎日行うと肌への負担が多くなるため、2週間に1回〜2回程度にとどめることをおすすめします。

むだ毛の自己処理は、思っている以上に肌に負担をかけています。むだ毛の自己処理での肌トラブルでお悩みの方は、一度サロンでプロに相談するのも1つの手段です。

むだ毛処理をしたら保湿する、という流れをセットで行いましょう。きれいな肌を保つためにも、むだ毛処理後のアフターケアはとても重要です。

出典:https://www.j-esthe.com/depilation/guide/141202.html

ムダ毛処理の真相 良く聞くカミソリ処理の噂は本当か?

女性にとって切っても切り離せないムダ毛の処理。「剃ると毛深くなる」「カミソリ使用が肌ダメージにつながる」など、なんだか気になる噂を耳にして、カミソリによるムダ毛処理をためらってしまう方も多いようです。今回噂の真偽を教えてくれたのは、女性のムダ毛処理の方法やカミソリの使用方法に詳しい貝印株式会社の広報担当、高多さんです。さっそく聞いてみましょう。

 

剃れば剃るほど毛深くなるの?

カミソリでムダ毛を剃り続けると、だんだん毛が濃くなるって本当でしょうか?答えははずばり「NO」。
「剃ると毛が濃くなるという科学的な証拠はありません」ときっぱり。
ではそのような噂がある理由はなぜなのでしょうか。

「理由として挙げられるのは、毛が濃くなるタイミングとムダ毛の処理を始めるタイミングがほぼ同時だからです。女性は思春期になり、ムダ毛を気にし出す人が多いと思われます。と同時に、まずはカミソリで処理をするケースが最多なはず。剃る剃らないに関わらず、思春期に入るとだんだん毛は濃くなるものです」とのこと。

また、生えてから一度も処理をしたことのない毛は先端に向かうにつれて細くなっていきますが、カミソリで剃ったことのある毛は毛の断面が表面に表れます。毛として見える面積がその分広くなり、濃くなったように錯覚することも、その噂の一因のようです。

 

「逆剃り」は正解か否か


出典:https://tokubai.co.jp/news/articles/1701

テレビCMなどでよく見かける、脚の先から膝にかけてカミソリを走らせているシーン。この方法が「逆剃り」です。毛の流れは上から下に向かっているのが一般的なので、流れに逆らって剃る方法です。
「確かに逆剃りのほうが根元からしっかり剃ることができます」と、高多さん。ということは、剃り方として正解なのでしょうか。

答えはなんと間違いとのこと。逆剃りは肌にダメージを与える剃り方なので、推奨できないといいます。「シェービングは毛の流れに沿って行うことが基本中の基本です。逆剃りをしなくてもきれいに剃れる方法があり、それが”張り手”のテクニックを駆使することです」。

張り手のテクニックとは、カミソリを持たない側の手(右手でカミソリを持つ場合、左手)で剃る部分の肌を引っ張る方法。そうすることで毛が立ち、根元からきれいに剃ることができるそうです。

 

石鹸の泡を潤滑剤にするのは正しい?

体のムダ毛をカミソリで処理するとき、その場所になりがちなのはバスルーム。体を洗いながら石鹸がついたまま剃っている人が多いのではないでしょうか。肌を傷つけないために石鹸の泡をシェービングクリームの代わりにするこの方法、正解でしょうか。

高多さんのお答えは「100点満点中50点」でした。「何もつけずに剃るのは0点。それよりマシですが、正解ではありません」。カミソリをあてることで、ムダ毛だけでなく肌表面に残った古い角質も削られます。石鹸の泡は新しい角質がむき出しになった肌には刺激が強すぎるため、決しておすすめできないようです。

「肌をしっかり守るためには、クリームを塗るのがベスト。手持ちのボディクリームでもかまいません」。

 

肌が敏感な人のカミソリ処理はOK?

肌が敏感な人はカミソリでのムダ毛処理はしないほうがいいという説も耳にしますが、いかがでしょうか。

「肌に刃を当てる行為なので、肌への負担がまったくないというと嘘になります。そのため、肌が敏感な場合は処理の前後の肌のお手入れを入念にすることや、剃る周期を守ることなどを気にかけて、肌への負担が最小限になるようにする必要があります」。

肌負担を最小限に抑えるためのケア方法は以下の通りです。

♥毛穴が開いている入浴後のタイミングがベスト。クリームを塗り、毛流れに沿って剃ること。
♥同じ個所を何度も剃らない。よく剃れるカミソリを使うこと。
♥剃り終わったら保湿ケアをしっかり行うこと。

新たな家庭用光美容器『ヒカリビューティ3PRO』 自宅で簡単にサロンのようなケアが可能に!

TBCグループ株式会社(本社:新宿区)は、2019年12月16日(月)新商品となる家庭用光美容器「ヒカリビューティ 3 PRO」を発売しました。自宅で簡単快適にサロンのようなケアを体感でき、更に使い続けることでムダ毛の気にならないツルすべ素肌を手に入れることができるかもしれませんよ!

ヒカリビューティ 3 PRO


出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000005300.html

♦製品特長

Point.1 エステティックTBCのコースメソッドに基づいて開発

TBCサロンのライト脱毛の実績から効率的な光の波長を採用。
→ サロン実績の波長域

 

Point.2 特許技術※を利用した「AMP方式」採用

「AMP(Advanced Multi Pulse)方式」とは、特許技術を利用した1回のショットで複数回連続照射する方式。1回のショットで複数回に分けて照射するので、ソフトな体感で肌への負担は比較的少なく、高い効果が期待できます。
→ ソフトな体感でトリートメント

 

Point.3 肌選別AI機能「スキントーンセンサー」搭載

ハンドピースを肌に密着させると、肌選別AI機能「スキントーンセンサー(肌色検知)」が働き、肌色を判断。あなたの肌色に合わせて適切な照射レベルを自動で設定します。(オートモード時)
照射に向かない肌色では安全機能が働き照射できません。
→ 簡単かつ安全性を考えたトリートメント

 

Point.4 最大10ショット連続照射機能搭載

最大10ショット連続照射可能。照射ボタンを押しながら、肌の上をスライドするだけで、腕や足などの広範囲もスピーディにトリートメントできます。
→ トリートメント効率UP

 

その他のポイント

<モード>
■家庭用光美容器初心者から経験者まで
満足してご使用いただける4つの照射モードを搭載

①オートシングルモード
顔(鼻下より下)、ワキ、ビキニライン(I・O以外)など細かい部分のピンポイントケアにおすすめ

②オート連続モード
腕や脚など広範囲な部分を効率よくケア

③マニュアルシングルモード
顔(鼻下より下)、ワキ、ビキニライン(I・O以外)など細かい部分のピンポイントケアにおすすめ

④マニュアル連続モード
腕や脚など広範囲な部分を効率よくケア

<使用できる部位>
顔(鼻下より下)※・胸※ ・お腹※ ・腕・ひざ下・太もも・ワキ・ビキニライン(I・O以外)※
※鼻下より上の部分、唇、口の中、目の周りや目(眼球)、乳首や乳輪およびへそやI・Oライン(性器および周辺の粘膜)、刺青(タトゥー)周辺や色素が濃く沈着した部分などには照射しないでください。

 

♦製品概要


製品名:ヒカリビューティ 3 PRO
価格:¥39,800(税抜) ¥43,780(税込)
 

脱毛の種類「ニードル」「医療レーザー」「光脱毛」の違いと最新の脱毛法について

脱毛には「ニードル」「医療レーザー」「光脱毛」と3種類があります。これらは、永久脱毛に近い効果があり、毛が生えてこなくなるタイプです。

 

永久脱毛と言われる3種類の脱毛方法についての違い

♦ニードル脱毛(電気脱毛)

1875年アメリカの医師によって発表されたのが始まりです。
日本では1970年代から取り入れられました。
一番最初の脱毛法になります。
毛穴1本1本に対してニードルと呼ばれる針を差し、毛根に対して電気を流すことで毛乳頭を破壊する方法で脱毛します。
当時は永久脱毛が出来る唯一の脱毛法として注目を浴びました。

ただし、無数にある毛に対して1本ずつ行う方法なので脱毛の確実性はあるものの1時間で脱毛できる範囲はたった10円玉大。
全ての毛を無くすまでには気が遠くなるような時間と何百万円という費用がかかります。
施術時の激しい痛みと施術後に残る赤みや腫れ・ヒリヒリ感が3日は続きます。

現在でもニードル脱毛法を行っているサロンもありますが、費用対効果の面からも、ニードル脱毛法は減っていっています。

 

♦医療用レーザー脱毛

1983年アメリカでレーザー治療が発表され、その後の応用からレーザー脱毛が出来るようになりました。日本へは1997年に輸入され、開始されました。従来のニードル脱毛法に比べ、広範囲への施術ができるようになり、一度に多くの毛に対して脱毛出来る点がメリットです。

レーザーの光は黒いものに反応するので、黒い毛の毛根に対して光を照射することで、毛根にダメージを与え脱毛します。
照射温度は200℃を超えますので、施術面を冷やしながら照射しますが、ゴムをバチン!とはじくような針を刺すようなかなりの痛みが伴います。

ニードル同様にお肌への刺激は大きいので、敏感肌や18歳以下のお肌には施術をお勧めできません。また、黒い毛にのみ脱毛効果がありますので、うぶ毛や金髪・白髪には効果がありません。

 

♦光脱毛

2000年代に入り、日本のエステティック業界では、医療用レーザー脱毛とは違う出力の弱い、いわゆる美容ライト脱毛/光脱毛が開発され、脱毛市場が拡大しました。

照射温度は70~80℃と、医療レーザー脱毛に比べ3分の1の温度で、器械の照射面積も大きく更に広範囲の施術が短時間で、出来るようになりました。
ですが、これでも痛みは伴い、肌への刺激もあるので敏感肌・18歳以下は施術が受けられません。

医療レーザーに比べ温度が低いということは光の出力も弱くなっているため、効果も3分の1程度で、脱毛完了までに回数と期間がかかります。

 

脱毛法はさらに進化!最新のジュピター脱毛


出典:https://otokomae-k.com/magazine/hair_removal/8

光脱毛をさらに進化させ、レーザー脱毛と光脱毛のデメリット部分を無くした、最新の脱毛法です!

「THE男前計画」で使用している脱毛器は最新の技術により、可変式の冷却機能が可能となり、強い出力の光を冷却した状態で照射することで全く痛みを感じず、肌への刺激も一切ありません。
さらに、毛穴や肌荒れも改善できる美肌効果も得られながら脱毛できます。

従来の器械では不可能とされてきた、「色黒肌・色素沈着肌・乳輪・うぶ毛・ほくろの上・金髪・白髪」への脱毛施術が可能になりました。
一般的に2ヶ月に1回のペースで通う脱毛でしたが、ジュピター脱毛では、2週間に1度のペースで施術が可能。早い方で12回・最短半年で脱毛が完了できます!

脱毛効果・肌への刺激・脱毛期間・料金全てにおいて一番理想的な脱毛法が出来ました!!

お腹の皮膚はデリケート お腹の脱毛を自己処理するのはやめておこう

お腹に毛が生える原因は、「女性ホルモンの乱れ」や「遺伝」によるものと考えられています。ホルモンの乱れは思春期や妊娠中など時期的なものに加え、ストレス、食生活の乱れなどが原因なので、状況が変わると、それにともないお腹の毛も薄くなるといったケースもあるようです。 しかし、遺伝の場合はお手入れが必要になります。自分で処理することもできますが、お腹の皮膚はデリケートな部分なので、刺激の強い処理方法では肌が傷ついてしまい、炎症を起こしてしまうことも少なくありません。肌に大きな負担をかけず、きれいに脱毛するのであれば、脱毛サロンの利用がおすすめです。

 

お腹を脱毛するメリット


出典:https://kireimo.jp/treatment/parts/belly/

女性らしいツルツルとしたお腹になる

お腹の毛が生えてしまう原因は男性ホルモンの増加によるものなので、女性には生えづらい箇所と言えるでしょう。だからこそ、お腹に毛が生えていると女性らしさに欠けてしまいます。
お腹は他人に見せることの少ない部分とは言え、温泉旅行などの際は見えてしまいますし、見た目以外にも肌触りが気になるという方もいるでしょう。お腹の脱毛をしておけば突発的な温泉旅行も気兼ねなく楽しめますし、チクチクとした肌触りから解放され、女性らしいツルツルのお腹で自信が持てますよ。

 

ビキニが似合うボディを手に入れられる

エクササイズで鍛えた引き締まったボディにはビキニがよく似合います。しかし、せっかくダイエットやエクササイズを頑張っても、お腹にムダ毛が生えていると美しさも半減してしまうでしょう。特にビキニ姿の場合は人の視線はお腹に集まりやすいので、お腹のムダ毛をしっかり処理しておけば、完璧なボディでビキニを楽しめるでしょう。

 

セルフ処理との違い

セルフ処理

セルフ処理のメリットとしては、いつでも気軽に処理できるということがあげられます。サロンへの予約などが不要ですので、自分の好きなときに処理を行えます。また、カミソリやシェーバー、脱毛クリームなどの道具代はかかりますがサロンに通うよりも費用は安く済ませることができます。しかしデメリットとしては、カミソリの刃や脱毛クリームは肌にダメージを与え、ニキビや炎症などの肌トラブルを招く恐れがあります。また、常にお手入れをする必要があります。

 

サロン脱毛

サロンに通う場合、予約をして定期的に通う必要があり、施術を受けるには費用がかかります。しかし、認定を受けた確かな技術力のエステティシャンによって、お肌の調子を見ながら施術が行われます。また、最新の脱毛マシンを使用した施術ですので、肌への負担が少なく済みますし、仕上がりもセルフ処理に比べてきれいに処理が行われます。

色々なムダ毛処理グッズの中でデリケートゾーンの自己処理に最適なもの

ツルツルのデリケートゾーンを目指しているはずなのに、あそこに赤いポツポツ・ゴマみたいな剃り残し・色素沈着など様々なトラブル続きで、今の自己処理方法が本当に正しいのか分からなくなっている人も多いと思います。

色々なムダ毛グッズを使った処理の中で、どの方法がデリケートゾーンの自己処理に一番適しているのしょうか。

 

カミソリを使ったアンダーヘア処理はヒリヒリ&黒ずみの原因に


口コミで評価の高かった敏感肌用のカミソリでも週2回くらいの使用頻度で肌がヒリヒリし始めて、毛嚢炎という赤いボツボツができるようになりました。
3週間くらいで、うっすら色素沈着をし始めたので、断念。

 

毛抜きは埋没毛になってあそこが汚くなる!?

毛抜きは、抜くときに痛いうえに、結果的に埋没毛になってあそこが汚くなったので今はもう使っていません。
毛抜きは、カミソリと違ってごくごく一般的なものを使用しました。

抜くときに、根元を抑えながら引っ張るとちょっとは痛みが和らぎましたが、それでもやっぱり痛かったです。
Vラインの毛ならまだ抜きやすかったのですが、Iライン、Oラインは見えづらく、ほとんど処理できませんでした。
一度埋没毛になってしまうと医療機関でも治療するのが難しくなります。毛抜きによる自己処理は今すぐ中止するべきです。

 

ビキニラインをハサミで整えるとチクチクしやすい


ビキニラインに残ったボーボーの毛は、ハサミで短く整えていました。しかしハサミで整えると、毛先がチクチク刺さってデリケートゾーン周辺がとても痒かったです。
フェミニーナ軟膏を塗っても痛みが治まらずに、夜中に掻きすぎて肌がボロボロに・・・。

 

脱毛クリームを使ったら肌に赤いポツポツが!?

Vラインにも使える「ミュゼコスメの除毛クリーム」を使ってみたら開始10分で、ムダ毛がごそっと抜け落ちて、洗い流したらパイパン状態になりました。
「えっ、これ凄い!」というのが率直な感想。その日は痒みもなくヒリヒリした感じはありませんでした。

しかし・・・数日すると、Vライン周辺に赤いポツポツができ始めて、毛が生えてきたときに物凄い痒みがありました。
除毛クリームは、毛を溶かすので本来ならチクチクしないはずなのですが、剛毛な私のVラインでは効き目なし。
毛が細くなるどころか、5日くらいでほとんど元通りの毛状態になりました。

脱毛クリームが膣内部に入ってしまうとカンジダ膣炎や細菌性膣炎を引き起こしやすくなります。脱毛クリームをIラインやOラインに使用するのは危険ですので避けましょう。

 

アンダーヘア専用のヒートカッターなら痒くない!?


♥フジックス「コーム付きVライントリマー」使用

多少チクチクすることを覚悟していたのですが、全然チクチクが無かったので驚きました。
使用するときに、ちょっと焦げたような臭いがしますが、毛がバッサバッサ切れていく感じが、使っていて楽しいです。

根元から剃れないのがネックですが、毛量を減らしたい人にはぴったりのアイテムです。

 

電気シェーバーならチクチクの不快感なし!

♥パナソニック「フェイスシェーバー フェリエ」使用

ヒートカッターと同様に、電気シェーバーも毛先が丸くなるので、チクチクの不快感は一切ありませんでした。
剃った後1mm程度ムダ毛が残ってしまいますが、2回3回と重ねて剃れば黒いポツポツが目立たなくなります。
電気シェーバーは、肌への刺激が優しいため、医療機関でも推奨されているムダ毛の処理方法になります。

出典:https://julie-expo.org/vio/vio-self/

VIOの自己処理は電気シェーバーで!肌に直接触れずに毛を短くカットできて肌への負担を抑えられる

vioの処理、気になるけど人には聞けない…。どうやって処理すれば良いんだろう?と困った経験はありませんか?

vioは普段は目につきにくい部分ですが、処理をしていないと、突然プールや温泉などに誘われたとき『大丈夫かな…』と心配になってしまいますよね…。

キレイに処理するお手入れ方法を知っておけば、その心配もなくなるかもしれません!

 

vioをきれいに処理する方法


出典:https://hadalove.jp/vio-remove-51556

vioの中で、特にio部分は皮膚がデリケートに傾きやすいとされているので、お手入れの方法によっては、肌に負担となり、肌荒れなどに繋がることもあるとされています。

vioは、できるだけ負担がかかりにくい方法で処理していくことをおすすめします。
できる限り肌への負担をおさえてキレイに処理する方法は主に、電気シェーバーによる処理方法だとされています。

 

電気シェーバーでのvio自己処理方法

処理の準備

vioの処理をする際は、特にvラインに関して、どのような形に処理するかあらかじめ決めておきましょう。

自然に仕上げたい方には、小さい逆三角形がおすすめです。

下着や水着にもおさまりやすくなり、自然な仕上がりになるとされています。

ほかにも、丸みのある卵型や細めに整えるI形などを選ぶ方も多いようです。

 

処理の方法

大体の形を決めたら、電気シェーバーで整えていきましょう。

使用するもの:蒸しタオル、はさみ(またはヒートカッター)、シェーバー、手鏡、保湿クリーム、印用の水性ペン

 

◆電気シェーバーでの手順

①処理したい部分に蒸しタオルなどをあてて、毛を柔らかくする

タオルを濡らして水気を絞り、レンジで約30~40秒温めて蒸しタオルを作ります。
熱すぎず・気持ちよい温度になるように、追加で温めたり冷ましたり、調整してください。

②処理する形を決めて、自分で分かるように軽く印をつける

スムーズに処理できるよう、整えたい形に印をつけておきましょう。
目立ちやすく、処理後に落としやすい水性の蛍光ペンなどがおすすめです。

③処理する部分の毛をハサミ・専用のヒートカッターなどで短くカットする

形を決めたら、いらない部分の毛を、ハサミやヒートカッターなどで短くカットします。
※i・o部分は見えにくいので、手鏡などをあててよく確認しながらゆっくりカットしましょう。

④毛の周辺の肌を軽く引っ張りながら、カットした部分に電気シェーバーをあてる

肌をピンと張ることで、よりキレイにシェービングしやすくなります。
先程と同様に、i・o部分は鏡でよく確認しながら行いましょう。

⑤処理が終わったら、しっかり保湿をする

処理をした後は、肌がとてもデリケートな状態になっています。
肌荒れなどを起こさないよう、保湿クリームなどで保湿をしましょう。