ブライダルシェービングで脇のケアが含まれていない理由とは?

エステサロンやシェービング専門サロン、理容室にあるシェービングプランの施術部位は、ほとんどが、顔、首、デコルテ、襟足、背中、肩、腕、指先。なぜか脇(ワキ)が含まれていないことが多いのです。なぜなのでしょうか。

 

1. 脇は、肌トラブルが起こりやすいデリケートな部位だから


出典:https://www.hanayome-note.com/3166

皮膚がデリケートな脇は、カミソリ負けをしやすく、くすぐりに敏感に反応する部位です。
シェービングを受けている最中に、お客様がくすぐったくなって動いてしまったら、傷を作ってしまうリスクがあります。
脇は毛の流れに沿ってシェービングをしても、皮膚に覆われて斜めに生えているので、なかなかキレイに剃れません。
かといって、逆剃りしてしまうと、毛穴を傷つけて肌を痛める危険性もあります。

また脇は、汗をかきやすく雑菌が繁殖しやすい部分。
シェービング後は、肌の表面の古い角質が取れ、肌が無防備な状態になります。
この状態で雑菌が繁殖した場合、最悪、炎症を起こしてしまう可能性があります。
そういった肌トラブルを避けるためにも、脇のシェービングを行わないサロンが多いと思われます。

 

2. 脇は自己処理している花嫁が多い!

エステサロンで脇のケアが少ない理由には、自己処理されるお客様が多いことも考えられます。
お客様が美容機器ですでに脱毛され、自己処理で充分と思っている方が多いため、需要が少なく、あえてサロンのコースに入れていないのかもしれません。

また、もしサロンでシェービングをしても、2〜3日経つと毛が生えてきて黒いプツプツが見えてきます。
結局、挙式前日に自分自身で脇の処理される事が多く、サロンでシェービングを受けた分、肌に負担がかかってしまいます。

 

結婚式の前日でも大丈夫?脇のシェービングは何日前にしたらいい?

常的に脇のセルフケアをしていて、肌トラブルがなければ、結婚式の前日にケアしても問題ないでしょう。

気を付けたいのは、結婚式を控えた花嫁はケアに力が入ってしまいがち、というところ。
くれぐれもやり過ぎないように、通常のケアの延長線上でケアするようにしましょう。

体調や施術の仕方によっては、肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。
結婚式前日に脇のシェービングをするなら、肌に負担をかけやすい除毛クリームや脱毛ワックスなどの使用は避けた方がよさそう。

ブライダルシェービングで脇のケアが含まれていない理由とは?” への3件のフィードバック

  1. すごろく のコメント:

    あー・・・各テーブルにロウソクの火を付けにくるときに気になるね、ワキは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。