インプラントのデメリット

治療した後、痛むことがあります。
適切な治療が行われていない場合、やり直しをしないといけない場合があります。
歯科医側の治療の問題もあれば、患者側の歯の手入れ方法に問題がある場合があります。

被せ方が問題になることがあります。
銀歯やセラミックスなどのクラウンやブリッジをかぶせ物と呼んでいます。
虫歯の治療としては削ってかぶせる事は適切ですが、
仮に歯根部分を診ることなく、かぶせるだけの治療だった場合、
放置された歯周病は容赦なく歯の周りの骨をむしばんでいきます。

歯科医は、口の中全体をしっかりと見てくれていないからやり直しとなる
場合があります。再発しないための治療をしっかりとしてくれてない
歯科医の場合、再発し結局最初の処置が誤っていたということになります。

見えない部分である歯ぐきの内側で歯を支えている骨の治療である歯周治療などは
手つかずにされてきた場合は、ここに問題が発生する場合があります。
被せる前、詰める前になすべき治療が行われないままに菌の温存を助けてしまい
その結果、治療されたところがまた悪くなって再治療をしなければならないということも考えられます。
こちらにインプラント手術の成功率が載っていますので、参考にしてみてください。

患者が日常気を付けて、生活習慣を改善していかないと、
その後の口の中の健康も損なわれることがあります。
被せというのは、ブリッジであれば抜いた歯の両隣の健康な歯を削って固定するため
文字通り患者の実を削る危険な作業であるということです。

削ったからには確実にその部分をカバーできなければいけないのですが、
歯科医の技術レベルが低い場合それがやり切れていないということも起こります。
それによって最近のたまる場所が増える危険性が高まるのです。
被せとは、他に選択肢が考えられない場合にのみ行うべきである治療法です。

最大の問題は技術レベルの低い歯科医にとっては、かぶせは治療できない病気を
覆い隠してしまうものであるということです。
放置された歯周病は容赦なく歯の根をむしばんでいきます。

これらのデメリットがありますが、患者側も治ると放置しがちですが、治療後はメンテナンスに通い
再発しないようにチェックする必要があります。