治療期間はどのくらい?

インプラントは外科手術を行う治療法でもあります。
人は成人に近づいてくるとあごの成長が終わるので、長期の計画をたてて治療をうけます。
実際のインプラントの治療期間は、数か月から1年という時間をかけて2段階の手術をするのです。

ただ、治療期間といっても一概にはいえません。
例えば骨が少なくてもインプラントが出来るのかどうかというところから事例を挙げてみます。

骨の高さ、幅、量が極端に少ない場合、歯ぐきの内側に特殊な膜を張って、
歯ぐきが歯槽骨を押さえつけないようにして、歯槽骨の再生を促します。
インプラント体埋入前に行う方法と、インプラント体埋入と同時に行う方法とがあります。

上あごの奥歯はインプラントの難所です。
上あごのほお骨の内側には大きな空洞があって、固定しづらいのです。
人工骨や移植骨を空洞部分に入れ、その一部を埋める事で、インプラントが可能になりました。
移植骨が充分に固くなるまでにおよそ6か月から1年程度かかります。

その後歯科医院での定期検診が必要です。
3ヶ月あるいは6ヶ月に1回の頻度で、歯が汚れていないか、歯周炎を起こしていないか、
噛み合わせは問題ないかなどをチェックします。
気を付けたいのは、歯の汚れを取るだけに終わるのではなく、
歯科としての病気のチェックが行われることが重要です。

こういったメンテナンスこそとても重要なのです。
歯周病の本格的な治療となると1年から2年、骨を再生させてインプラント治療となると
3年以上の期間を考えなければならないことになるのです。

被せ物をして治療が終わったと思ってはいけません。
本当の治療期間とはそのごのメンテナンスの期間も含めて考えた方がいいでしょう。

患者は、実際の治療を受けている時は一生懸命歯を磨くのですが
終わると放置してしまいがちになるのです。
ですのでメンテナンスをいかに続けてやっていけるかが大きなポイントとなるのです。
ということは本当の治療期間は3年~10年などと比較的長期間と考えておく必要があります。
インプラントは治療後のメンテナンスも大切なので、しっかりと確認しておいてください。