どんな治療方法?

実際のインプラントの治療方法を説明します。
インプラント治療とは、歯がなくなってしまった部分に人工の金属の歯根をあごの骨に埋め込み、
その上に、人工の歯をかぶせて、自分の歯のようにしっかり噛めるようにする治療です。

インプラント治療で回復された歯は、入れ歯と違って、しっかりと固定できますので、
違和感もほとんどなく、天然の歯と同じように見え、噛むことができます。

また、1本でも多くの歯を失ってもインプラント治療は可能です。
インプラントは骨に埋め込むためにCTなどのレントゲン診査で骨がどのような状態を調べていきます。

世界のインプラント治療を見てみると、年間では数百万本というインプラントが使用されているようです。
日本でも数十万本が使われています。

インプラント体の素材は、現在ではチタンが主流です。
チタン製のインプラント体はあごの骨に埋めると、
チタンの表面に出来る薄い酸化膜と骨のタンパク質などが結びつき、しっかりと固定されます。
チタンは、骨に密着する特性があります。
また、アレルギーや過敏症などを起こすことがなく、身体に優しい素材といえます。

一方、人工の歯の部分はセラミックスやプラスチック、金属など素材には様々な種類があります。
歯の部分の上部構造は最初は仮歯をつけ、インプラントが固定された後、
噛み合わせを確かめながら最終的な葉をセラミックスや金属などで作っていきます。

インプラント治療を受けた人からは、自分の歯と変わらない感じがするという喜びの声が良く聞かれます。
入れ歯やブリッジと異なり、他の歯に引っかけたりかぶせたりして支えるのではなく、
それ自体で独立して歯槽骨に埋め込まれて固定させるため、しっかりかみしめる事ができ、
自分の歯のように感じられるのです。

インプラントを埋めた後は、歯を磨くだけではなくインプラントもきれいにするという意識が必要です。
いつまでも噛めるようにするためにも定期的なメンテナンスが必要です。
こちらのインプラント治療を受信するために必要な正しい知識も、大変参考になりますので読んでみてください。